7/4(火)開催\事例で学ぶ/特定技能外国人×介護 採用&教育オンラインセミナー! いますぐチェック>>

認知症介護基礎研修とは?無資格の介護職に義務化!対策と開始時期を解説

介護士

2021年(令和3年)4月から、介護報酬改定に伴い、無資格の介護職員に認知症介護基礎研修の受講が義務化されました。

2021年4月から開始され、3年間は経過措置期間となっており、2024年4月を完全移行の基準としております。

  • これから介護職で働いていこうと考えている方
  • いま無資格で介護職として働いている方

以上の条件に当てはまる対象者の方は、今回の解説記事を参考に、対策方法を考えていきましょう!

認知症介護基礎研修とは

認知症介護基礎研修とは、認知症の方や生活援助が必要な方へ、適切な介護サービスを提供するための基礎知識・技術の習得を目的とした研修です。

厚生労働省が策定している、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づいて、各都道府県ごとに研修が実施されております。

認知症介護基礎研修の義務化はいつから?

2021年4月からの介護報酬改定に伴い、厚生労働省で方針が固まりました。

認知症介護基礎研修の義務化は、2021年4月から開始され、3年間は経過措置期間となっており、2024年4月を完全移行の基準としております。

経過措置が3年間設けられておりますが、介護事業所によっては前倒しで対応を進めていく可能性があります。

3年間は大丈夫と思うのではなく、就業先の幅を広げるためにも、早めに認知症介護基礎研修の受講をおすすめします。

認知症介護基礎研修の対象者

無資格で介護士に従事する人が対象

受講が義務づけているのは、すべての介護サービス事業所で、介護サービスに携わる無資格の従業員です。

ただし、居宅介護支援や、福祉用具の貸与など、直接的に介護に携わらない従業員は除きます。

受講が免除される人

以下の条件を満たす方は、認知症介護基礎研修の受講を免除することが可能です。

  • すでに医療福祉分野の国家資格を保有している人
  • 初任者研修以上の資格を取得している人
  • 認知症介護実践者研修など認知症介護基礎研修の上位にあたる資格を所持している人

受講が免除される資格としては、介護福祉士や初任者研修修了者、介護支援専門員、社会福祉士、訪問介護員養成研修一級課程・二級課程修了者、医師、看護師、准看護師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、作業療法士、言語聴覚士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師、理学療法士、精神保健福祉士などです。

上記の介護系・医療系の資格をもっていない、無資格の方が介護職として働く際には、受講が必須となります。

同じ認知症の民間資格であっても、認知症サポーター養成講座認知症ケア指導管理士については免除の対象外になりますので注意が必要です。

認知症介護基礎研修の研修内容

下記の内容は、大阪府が公表している内容で一例となります。

基本的には各都道府県ごとにほぼ同一の内容になると思いますが、念のため受講者の方はお住まいの都道府県における案内の確認をおすすめします。

介護職員初任者研修カリキュラムとスケジュール

認知症介護基礎研修は、対面式の集団型研修とオンライン式のeラーニングシステム研修の2つのパターンがあります。

集団型研修の場合、講義と演習で計6時間です。

1日の研修で対応可能なので、そこまでの期間を要さずに研修可能です。

学習内容は以下の通りです。

  • 序章:認知症の人を取り巻く現状(約10分)
  • 1:認知症ケアにおいて基礎となる理念や考え方(約25分)
  • 2:認知症の定義と原因疾患(約20分)
  • 3:認知症の中核症状と行動・心理症状の理解(約30分)
  • 4:認知症ケアの基礎技術(約60分)

演習の内容は以下の通りです。

  • 認知症の人とのコミュニケーション
  • 行動の背景を理解したケアの工夫

また、コロナ対応のための環境を整え、eラーニングシステムでの研修体制も整っております。

eラーニングシステムとは、社会福祉法人東北福祉会 認知症介護研究・研修仙台センターが運営するオンラインの学習システムで、多くの自治体が採用しています。

講義動画の視聴時間は150分となります。

研修の難易度

認知症介護基礎研修は、「集合研修」もしくは「eラーニング研修」の全科目を受講し、確認テスト完了をもって修了証書が発行されます。

試験などは設けられておりませんので、ほかの資格と比べると難易度は低いといえます。

研修の受講料

大阪府の場合は、受講料が3,000円となっておりますが、管轄の都道府県により支払い料金が異なる場合があります。費用や支払い方法に関しては、登録の際、各都道府県のページをご参照ください。

大阪府の方がお申し込みの場合は、下記URLの大阪府のページよりご対応くださいませ。

どっちがお得?認知症介護基礎研修と初任者研修

これから介護職で長く働くなら初任者研修がオススメです。

初任者研修の資格を取得すれば、高齢者の身体に直接触れる身体介護や、排泄介助といった介護サービスが提供できるようになります。

無資格であれば、いくら認知症介護基礎研修を受けたとしても、入居者さんの体に触れるような介護は経験できません。

介護職員初任者研修を取得する具体的なメリット

  • 就職・転職に有利になる
  • 給料アップにつながる
  • 資格を持っていないと携われない介護業務ができるようになる
  • 実務者研修を受ける際の研修時間が100時間程度短くなる
  • 一生ものの資格になる

初任者研修の資格取得は、要介護者へのサービス提供のために、実践的な知識と技術を身につけることができるので、介護職として損なことはありません。

積極的に取得することをおすすめします。

初任者研修の資格を働きながら取る方法については、こちらの記事をどうぞ。

無資格の介護職は資格取得を目指そう!

認知症介護基礎研修は6時間の受講時間で取得できることもあり、気軽に受けられる研修でもあります。

2024年に完全移行の予定とはいえ、研修を受けていない人よりも受けている人のほうが介護現場からの評価は高くなります。

就職を有利に進めるためにも、資格取得を積極的に目指していきましょう!

スタッフ満足の紹介

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

介護士
この記事を書いた人

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足ブログ
タイトルとURLをコピーしました