7/4(火)開催\事例で学ぶ/特定技能外国人×介護 採用&教育オンラインセミナー! いますぐチェック>>

介護施設の看護師を辞めたい…辞めるべき人の特徴と理由とは

介護士、看護師 看護師

介護施設の看護師の働き方は、病院の看護師の働き方とは、ガラッと変わる働き方になるため、戸惑ってしまう方もいます。

初めて働いた介護施設の印象が悪いと、次も介護施設に転職はしづらいものです。

今回は、介護施設の看護師を辞めるべき人と、そうでない人の違いを解説していきます。

今の職場がつらくて辞めたいと思っている方は、後悔しないようにこちらの記事を参考にしてみてください!

スタッフ満足 紹介画像

スタッフ満足のSNSリンク

介護施設の看護師を辞めたい理由

人間関係

職場の人間関係に悩んでいて、働きづらい環境になっている方がたくさんいます。

介護施設で働く際には、介護士やケアマネーシャー、サ責、施設長、それから入居者さんなど、さまざまな職種や年齢層の方とかかわる必要があります。

それぞれの職種からだと、ものの見方や考え方が食い違うことがあるので、わだかまりが生まれやすくなります。

責任が重い

医師が常駐していない介護施設がほとんどであるため、緊急時の医療ケアの判断は、看護師に委ねられることも多々あります。

一歩間違えれば、入居者さんの命を左右することになるので、重いプレッシャーとしてのしかかってしまいます。

残業やオンコール対応含めて労働環境が悪い

人手不足で残業が慢性化しているというケースは少なくありません。

また、職場の雰囲気的に定時になっても、ほかの仕事のサポートに回らなければいけなくて、1人だけ定時に帰れる雰囲気ではない…。なんて、介護施設もあります。

また、看護師の業務の1つとして、オンコール対応が必須の介護施設もあります。

緊急のオンコール対応で、深夜から早朝に呼び出され、そのまま日中勤務をする生活が続いているという声もあります。

過酷な環境で長期的に働くことは、やはり考えづらいですよね。

給料面などで満足していない

介護施設の看護師は、病院で働く看護師に比べると、平均年収はどうしても低くなってしまいがちです。

日勤のみの勤務がしたい方や、仕事とライフスタイルのバランスを考えて介護施設を選択している方も多くいます。

しかし、給料面やキャリアアップの面を第一に考えて仕事をしている方には、なかなか思うような待遇を得られていないのが現実です。

現在の職場の働き方に合っていない

病院勤務から、介護施設へ転職してきた看護師さんに話を聞くと、働き方が全く違ったという声をいただくことが多々あります。

また、介護施設と言ってもたくさんの種類があり、働き方もさまざまです。

新しい働き方になったことで、ストレスを感じてしまいやすい環境になることは当然のことでしょう。

介護施設の看護師を辞める判断基準は何?

看護師を辞める理由は、前述したとおり大きく分けることができますが、辞める判断基準は何なのか見極めることも重要です。

下記には、代表例として挙げられるものを紹介していきます。

労働環境が良くなる見込みがない

あなた1人の意志で、職場全体の労働環境を変えるのは至難の業です。

施設の運営を任されるほどの権限を持っていれば別ですが、ほとんどの方が一職員として働いていることでしょう。

ですので、残業や休日、勤務時間中の休憩、手当の有無など、「常識的に考えておかしいのでは」と思う点があれば、要注意です。

ちなみに、一時的な人手不足で、労働環境がイレギュラーになった場合は、誤って早めの判断をしないようにしましょう。

また、労働環境について、施設の責任者側と相談ができている環境であれば、労働環境が改善されるケースもあります。

ただ、会社組織が大きければ大きいほど、制度を変えるなどの大きな変化は、時間を要するものですので、相談はできるけど状況が変わらないという場合もあります。

いつまで待っても変わる見込みがなければ、転職を考えましょう。

また、派遣という働き方から正社員やパート・アルバイトを目指す場合は、職場の人間関係や労働環境を見極めたうえで、働くかどうかを決められるので、じっくり見極めたい方にはおすすめの働き方です。

体調面に影響が出る

身体的な支障はもちろん、ストレスなどの精神面の疲労で体調面が良くない場合は、すぐにでも転職を考えるべきです。

身体を壊すと、長期間働けなくなってしまうのはもちろん、復帰をすることができても、新たに求職活動をしてブランクでなまった体を仕事で慣らしていく期間も必要です。

その期間を考えると、身体を壊すほど働くメリットはありませんので、仕事を休むor職場を変えることを優先して考えましょう。

キャリアアップとライフプランに乖離がある

勤続年数や所持資格、介護施設内の役職によって給料面は変わっていきますが、施設によって、この給与水準より上がるのは難しいという基準はあります。

また、自分の目指すべきところまで到達するには、まだまだ年数が必要だと感じることもあるでしょう。

結婚や出産、家の購入、子供の進学など、今後のライフプランと重ねた時に、いまの給料ではしんどい…という場合は、転職を考えてみるのもアリかもしれません。

また、看護師の資格を持っていれば、あとになって復職することも検討できます。

看護師への転職ではなく、他職種への転職のチャレンジも視野に入れることができるかもしれませんね。

やる気が上がらず仕事に無気力になっている

看護職、介護職というのは、入居者さんや患者さんの命を預かる仕事ですので、仕事に対して無気力になっている場合は要注意です。

あなたの1つのミスで、誰かの今後の人生を変えてしまう可能性がありますので、仕事に対してやる気が出ない、無気力になっている場合は、前向きに転職を考えましょう。

介護施設の看護師を辞めた方がいい人の特徴

職場の人間関係で悩んでいる場合

勤め先の人間関係で悩んでいる場合は、職場を変えることで容易に解決することが可能かもしれません。

新しい職場で、1から人間関係を構築していくのも大変ですが、人間関係で悩みながら仕事をしていくのはストレスもかかり、精神的にも大変です。

働き方の条件次第では、次の職場をすぐ見つけられることも多いですよ。

給料や手当などの待遇面に満足していない場合

働く介護施設によって、給料などの待遇面は明確に変わってきます。

例えば、介護施設で働く常勤看護師の場合の平均年収は以下の通りです。

 正看護師 月給正看護師 年収准看護師 月給准看護師 年収
特別養護老人ホーム422,652円5,071,824円382,542円4,590,504円
介護老人保健施設448,962円5,387,544円382,799円4,593,588円
有料老人ホーム
(特定施設入居者生活介護)
427,972円5,135,664円375,933円4,511,196円
グループホーム397,611円4,771,332円319,635円3,835,620円
デイサービス354,319円4,251,828円326,620円3,919,440円
訪問看護440,368円5,284,416円352,006円4,224,072円
看護小規模多機能型居宅介護414,406円4,972,872円354,842円4,258,104円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
※常勤換算1人当たりの給与費
参考:令和2年度介護事業経営実態調査結果 

待遇面を第一に考えるのであれば、介護施設を選ぶ段階で平均が決まってきてしますので、転職のポイントとして押さえておきましょう。

給料面について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

現在の職場の働き方が合わない場合

介護施設と一口に言っても施設形態はさまざまです。

介護老人保健施設であれば、リハビリ中心で入居者の方が短期間で入れ替わりますし、グループホームでは主に認知症の方の対応が中心になります。

どんな施設で働くのかで、働き方はガラッと変わります。

もし、施設形態が良くわからない場合は、人材紹介会社に頼るのも一つの手です。

私たちスタッフ満足も、関西圏の介護施設の求人をたくさん紹介できますので、ご興味ある方は、まず無料の登録・相談からどうぞ。

看護師が介護施設に転職する際のポイント

どんな施設形態で働きたいかを考える

どんな施設で働きたいのかを明確にしておきましょう。

施設形態がよくわからない場合は、どんな働き方をしたいかで考えておくと良いです。

  • 夜勤はしたいかしたくないか
  • 看取りまで対応したいかどうか
  • 施設の規模は少人数が良いのかどうか
  • 施設での看護が良いか、居宅での看護が良いか

など、人によって、希望の働き方は様々です。

自分の譲れない働き方をもとに、あなた自身で求人を探すか、紹介会社を頼って求人を探すかしていきましょう。

また、信頼できる友人が働く職場を紹介してもらうというのもオススメです。

希望の給料水準を明確にする

退職理由が多いもので、採用前に聞いていた条件と、実際に働いてみてからの条件に差があった、というものがあります。

給料や福利厚生などの待遇面については、面接時になかなか聞きづらいポイントでもあります。

ネットの情報を細かくチェックしておき、得られる情報は事前に収集しておきましょう。

また、派遣会社や紹介会社は、施設の給与体系や、福利厚生の部分を詳しくヒアリングしてくれます。

自分で聞くのは抵抗があるけど、詳しく細かく知りたいという方は、紹介会社経由で職場を探してもらう方が、終業後のミスマッチが少なくなる可能性があります。

自分自身に合わせて活用していきましょう。

介護施設で働く看護師の平均年収・給料

介護施設で働く看護師の平均年収・給料は、働く施設形態によっても変わってきます。

給料面を重視している方は、こちらの記事も参考に、転職先を探していきましょう。

本当に介護施設の看護師を辞めたい?

介護施設の看護師を辞めたいという想いは尊重していきたいですが、中には介護施設で働くことを辞めるべきではない人もいます。

あとから後悔しない選択をするためにも、今後のキャリアについてはじっくり検討していきましょう!

スタッフ満足の紹介

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

スタッフ満足 紹介画像

スタッフ満足のSNSリンク

看護師
この記事を書いた人

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足ブログ
タイトルとURLをコピーしました