7/4(火)開催\事例で学ぶ/特定技能外国人×介護 採用&教育オンラインセミナー! いますぐチェック>>

老人介護保険施設(老健)で求められる働き方とは?仕事内容から給料・メリットまで解説

介護士 リハビリ 介護士

老健でおこなう介護スタッフの仕事は、ほかの介護施設に比べると少し違うというイメージを持たれている方って多いですよね。

医療面での連携もなにかと多い老健ですが、働いてみてから「イメージと違った…」なんて、もったいないですよね。

今回は、老健で働くうえで気を付けておきたいポイントや、仕事内容や給料まで解説していきます。

老健(介護老人保健施設)の特徴

老健(介護老人保健施設)とは、リハビリや医療ケアを目的とした施設となります。

長期入院をしていた人が在宅復帰を目指すために、利用されることが多い傾向です。

老健は、3~6ヶ月の間しか利用することができず、原則65歳以上の方で「要介護1」以上の方が入所できます。

そのため、入居者さんの長期的なケアを行うことは難しいですが、要介護度はほかの施設と比べて低くなる傾向がありますので、身体的な負担は少なくなります。

老健と特養の違いは?

特別養護老人ホーム介護老人保健施設

施設の役割

要介護3~5の高齢者が居住する施設
身体介護や生活支援を受けられる
要介護1~5の高齢者が在宅復帰を
目指す施設

サービス内容

身体介護、生活援助、自立支援医療ケア、リハビリ

入居期間

終身利用原則3ヶ月間

働き方の傾向

1人の入居者さんに対し長期的な介護
介護士としての経験を積みたい
1人の入居者さんに対し短期的な介護
医療ケアの知識についても学びたい

老健で働くメリットと仕事内容

介護度が低い傾向にあり身体的な負担は少ない

老健の目的が、医療ケアやリハビリを行い、在宅復帰を目指すことになりますので、介護度が低くなる傾向になります。

身体介護や生活援助がメイン業務になることが少ないため、身体的・肉体的な負担は特養やほかの施設と比べると軽減されます。

体力的に少し不安があったり、以前に腰や膝などケガをしたことがあるなど、何かしら不安があったとしても、コミュニケーションを通した臨機応変の対応や介護が得意なのであれば、経験を生かすことができます。

医療・リハビリなど各領域の知識や技術を学べる

身体介護や生活援助のみを行う施設とは違い、看護師やリハビリ指導員など、医療の各分野の方々と連携しながら、介護士としての業務を行っていきます。

そのため、老健以外の施設ではあまり経験することができない、医療ケア、リハビリの分野ん知識や経験を積むことができます。

医療やリハビリの知識は、老健以外の施設でも必ず役に立つものになりますので、介護士としての経験の幅を増やしたい方にはピッタリですね。

医師や看護師が常駐している

入居者さんにもしものことがあったとしても、医師や看護師が常駐しているため、安心して介護業務に徹することができます。

特に、夜勤業務になると、すべての業務を一人でこなさなければいけない場面も多々ありますが、老健であれば入居者さんの医療面の負担については軽減されるでしょう。

老健で働くデメリットと仕事内容

医療に寄ったサービスになりやすい

在宅復帰を目的とした、医療ケア、リハビリが目的の施設となるため、身体介護など業務は自然と少なくなります。

レクリエーションなどの娯楽コンテンツが少ないのも特徴です。

そのため、介護業務をとことんやりたい方にとっては、働くには不向きの施設になります。

長期的な介護をしたい方には向いていない

老健には、原則3ヶ月間しか入居できない決まりとなっております。

そのため、1人の入居者さんに対して長期的な介護を行っていきたいと考えている方にとっては不向きな施設となるでしょう。

しかし、入居者さんと在宅復帰に向けて共に歩んでいく喜びを感じられたり、たくさんの方とコミュニケーションをとりながら働くことができたりします。

あなたにあった職場で働くために、施設の傾向は見極めておいた方が良いでしょう。

老健の1日の基本スケジュール

各施設によりスケジュールはいろいろですが、下記が1日の仕事の基本スケジュールとなります。

09:00朝礼、業務の引継ぎ
10:00入浴介助
11:00リネン類の交換、昼食準備
12:00昼食、食事介助
14:00お昼休憩、レクリエーション
15:00リハビリ介助
17:00夕食準備
18:00業務の引継ぎ

老健で働く介護職員の給料

老健の介護職の平均給料、平均時給額

老健で働く介護職の平均給与額は、平成30年9月時点では月給317,350円となり、非常勤の方で月給260,710円という結果でした。

時給で給与をもらっている方の平均でみると、平成30年9月時点では時給約1,279円となり、非常勤の方で時給約1,219円という結果でした。

参考:第28回介護事業経営調査委員会

介護職員の平均給料、平均時給額

介護職員の平均給与額は、平成30年9月時点では月給300,970円となり、平成29年と比べると10,850円も給与額がアップしております。

非常勤の方で月給209,470円という結果でした。

時給額で給与をもらっている人の平均値は、常勤の方で時給約1,290円、非常勤の方で時給約1,332円という結果となっております。

老健の特徴をおさえて求人を探そう

老健では、特養や有料老人ホームなどとは、少し変わった介護士としての働き方を経験することができます。

そのため、ほかの施設にはないメリット、デメリットもありますので、あなた自身の働き方とマッチする施設なのかどうか見極めてお仕事を探しましょう。

スタッフ満足の紹介

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職やお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

介護士
この記事を書いた人

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足ブログ
タイトルとURLをコピーしました