7/4(火)開催\事例で学ぶ/特定技能外国人×介護 採用&教育オンラインセミナー! いますぐチェック>>

介護士&介護福祉士の平均年収は今後どうなる?給料アップの方法も解説

介護福祉士 介護士

介護福祉士になると「給料がどのぐらい上がるのか」「今後も給料は上がり続けるのか」など、給料や年収に関する悩みは常にありますよね。

そんな悩みを解消するべく、介護福祉士に関する給料事情を詳しくまとめております。

また、関西エリアに特化した内容、データを使用し解説しておりますので、給料、年収でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

Contents
  1. 全国の介護士の平均年収、月給、手取り額
  2. 資格別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料
  3. 施設別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料
  4. 男女別で比較|男性介護士と女性介護士の平均年収、給料
  5. 年齢別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料
  6. 地域別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料
  7. 介護福祉士として転職したら初任給はいくら?
  8. 介護福祉士が給料をアップするおすすめの方法
  9. 【介護福祉士の今後】給料相場は上がるの?
  10. 介護福祉士が年収500万円以上を目指す難易度は?
  11. 介護福祉士の資格の取得方法
  12. 職場選びと働き方の改善で給料アップを目指そう!

全国の介護士の平均年収、月給、手取り額

介護士の平均年収額

   平均年収      約363万円   
   平均月収      約26万円   
   平均賞与額      約54万円   
   平均年齢      44.2歳   
   勤続年数      約8年   
参考:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

介護士の平均年収、平均月収は上記のようなデータが出ております。

介護業界だけでなく、産業全体で平均年収を比べてみても高い水準とはいえない状況です。

政府の施策として、処遇改善の増加などさまざまな対応がされておりますが、実際に給与面の問題が解決されている実感は少ない印象です。

資格別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料

正社員(常勤)の場合

 保有資格  平均勤続年数 平均給与額(月給) 年収(想定額) 
介護福祉士8.9年329,250円3,951,000円
実務者研修6.7年303,230円3,638,760円
初任者研修7.3年301,210円3,614,520円
無資格5.5年275,920円3,311,040円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

正社員で働く場合、資格の有無が給料に直結しているのが目に見えてわかりますね。

介護職は他の職種よりも、資格取得による給料の向上が見込まれやすい職種です。

給料を上げるのであれば、積極的に資格取得をしていくべきでしょう。

介護福祉士になればケアマネジャーも目指せますので、資格を取るメリットは大きいです。

パート・アルバイト、派遣社員(非常勤)の場合

 保有資格  平均勤続年数  実労働時間数 平均給与額(時給)平均給与額(月給)
介護福祉士8.0年88.4時間1,421円125,690円
実務者研修7.1年84.8時間1,422円120,650円
初任者研修7.6年75.3時間1,409円106,130円
無資格5.5年91.1時間1,169円107,520円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

非常勤で働く場合は、無資格者と資格保有者の給料の違いが顕著に出ております。

ですが、パート勤務の場合には働き方にも着目したい点です。

例えば、介護福祉士の資格を持っていても、日中のみの時短勤務の方は勤務時間の観点から低い時給設定になる可能性があります。

それに対し、初任者研修の資格を持っていて日勤も夜勤も週5で働ける場合は、一般的に給料が高くなるイメージはつきやすいと思います。

このような理由から、パート・アルバイト、派遣社員の場合は、資格の有無よりも働き方に着目した方が、給料が上がるかどうかが判断しやすいです。

施設別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料

正社員(常勤)の場合

施設形態平均給与額(月給)平均給与額(年収)
特別養護老人ホーム361,890円4,342,680円
介護老人保健施設350,380円4,204,560円
介護付有料老人ホーム(特定施設)339,510円4,074,120円
訪問介護事業所314,440円3,773,280円
グループホーム303,800円3,645,600円
通所介護事業所294,980円3,53,9760円
通所リハビリテーション事業所315,020円3,780,240円
小規模多機能型居宅介護303,760円3,681,120円
介護療養型医療施設329,850円3,958,200円
介護医療院323,950円3,887,400円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

手当など込みの想定年収額で、400万円以上を超えるのは、「特別養護老人ホーム「介護老人保健施設」「介護付有料老人ホーム(特定施設)」の3つの介護施設となります。

デイサービスで働いて給料を上げるよりも、特養で働いて給料を上げた方が、給料があがりやすいということにもつながります。

利用者さんに提供する介護サービスの内容によって、介護士の仕事の大変さも変わります。

会社ごとの制度によって多少の違いは出てきますが、給料を上げるという点だけに着目すると、働く職場や福祉施設も重要になっているのが分かります。

求人情報を見る際は、基本給や手取り、賞与支給など内容とあわせて確認・チェックするようにしておきましょう。

パート・アルバイト、派遣社員(非常勤)の場合

施設形態平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
特別養護老人ホーム1,360円108.4時間147,470円
介護老人保健施設1,399円109.5時間153,230円
介護付有料老人ホーム(特定施設)1,391円106.4時間148,070円
訪問介護事業所1,621円71.1時間115,290円
グループホーム1,403円102.7時間144,140円
通所介護事業所1,253円94.7時間118,700円
通所リハビリテーション事業所1,288円105.4時間135,860円
小規模多機能型居宅介護1,277円95.6時間122,120円
介護療養型医療施設1,316円116.1時間152,880円
介護医療院1,273円107.4時間136,730円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

パート・アルバイト、派遣社員の場合は、職場選びももちろん重要ですが、正社員同様働き方も給料の変動が大きい部分でしょう。

ただ、訪問介護など、訪問形式で働く施設に関しては、時給が高くなっている傾向にあります。

ただし、移動時間が多いため、実労働時間数は、少なる傾向にありますので、トータルの月給で見ると、そのほかの施設とほぼ変わらないと言ってよいでしょう。

求人を探す

男女別で比較|男性介護士と女性介護士の平均年収、給料

男性介護職の給料

  給与額  賞与・特別給与額年収額(想定)
ホームヘルパー259,000円416,000円3,524,000円
福祉施設介護員260,000円588,000円3,708,000円
ケアマネージャー293,000円713,000円4,229,000円

女性介護職の給料

  給与額  賞与・特別給与額年収額(想定)
ホームヘルパー231,000円385,000円3,157,000円
福祉施設介護員235,000円498,000円3,318,000円
ケアマネージャー268,000円595,000円3,811,000円

男性介護士と女性介護士で比較をすると、上記のような結果となっております。

訪問介護員(ホームヘルパー)として働くよりも、介護施設で働く介護士のほうが、平均年収額は高くなる傾向にあるようです。

また、介護士のステップアップの1つとしてケアマネージャーがありますが、グッと平均年収額が上がっているのが分かります。

年齢別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料

正社員で働く介護士の場合

男性平均給与額(月給)平均給与額(年収)
29歳以下295,580円3,546,960円
30~39歳342,110円4,105,320円
40~49歳357,260円4,287,120円
50~59歳333,160円3,997,920円
60歳以上289,800円3,477,600円
女性平均給与額(月給)平均給与額(年収)
29歳以下287,430円3,449,160円
30~39歳304,650円3,655,800円
40~49歳315,000円3,780,000円
50~59歳313,530円3,762,360円
60歳以上286,080円3,43,2960円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

パート・アルバイト、派遣社員として働く介護士の場合

男性平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
29歳以下1,326円96.7時間128,240円
30~39歳1,455円104.7時間152,430円
40~49歳1,484円105.3時間156,300円
50~59歳1,387円101.8時間141,220円
60歳以上1,274円92.2時間117,490円
女性平均給与額(時給)実労働時間数平均給与額(月給)
29歳以下1,226円102.0時間125,130円
30~39歳1,310円93.2時間122,140円
40~49歳1,341円84.5時間113,340円
50~59歳1,395円81.7時間114,040円
60歳以上1,398円74.9時間104,780円
※平均給与額は、手当や一時金も含む
参考:厚生労働省

地域別で比較|介護士、介護福祉士の平均年収、給料

介護士の給料は就業する都道府県によっても変わってきます。

関西エリアの介護士の給料事情を下記にまとめておりますので、現在お住まいの地域や、就業を検討している地域の給料が気になる方は、参考にしてみてください。

介護福祉士として転職したら初任給はいくら?

介護職の給料

介護士の初任給は、夜勤も含む正社員でおおよそ24万円程度になります。

上記の金額に、介護福祉士の資格を持っていることによる、資格手当や処遇改善の金額が上乗せされますので、+2万円程度は、給料が上がる見込みがあります。

もちろん、経験や職場によって金額の変動はありますので、あくまで目安として考えておきましょう。

介護福祉士が給料をアップするおすすめの方法

上位資格を取得し関連スキルを身につける

介護福祉士になっても。+αの資格取得で給料が上がる可能性があります。

「喀痰吸引等研修」「認知症ケア専門士」など、介護現場における実務的な資格を取得し、スキルを身につけたり、「ケアマネージャー(介護支援専門員)」の資格を取得し、さらにキャリアアップするなど様々な道があります。

また、職場や会社によっては独自の昇給制度を取り入れているところもあります

給料が高い職場に転職する

1つの職場で長く働きながら給料アップを目指すのではなく、別の勤務先に就職するというのも、手っ取り早く給料を上げる一つの方法です。

また、転職することで管理者や役職者の立場に早く昇格できるなどのメリットがあるので、利用しない手はありません。

しかし、これまで長く働いてきた職場より、転職先の環境が自分に合わなかったら…、など不安は尽きませんよね。

このようなミスマッチを防ぐために、弊社スタッフ満足は、関西エリアに特化して介護のお仕事探しをしております。

グループ会社に大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートをもち、介護業界を専門に活動しておりますので、どんなお悩みでもサポートいたします。

無料登録からご相談できますので、まずはあなたのお話をお聞かせください。

手当で稼ぐ(夜勤手当や役職手当など)

勤務先の福利厚生の制度を理解し、追加手当がつくように立ち回ることが重要です。

株式会社で施設運営をしている会社には、ユニークな手当がつく会社もありますので、採用された後の給与の上り幅も転職する際には重要になります。

勤続年数を増やす

経験年数が多くなるにつれて昇給額が積み重なったり、特定処遇改善加算が上乗せされたりすることで、給料に直結していきます。

同じ勤務先で長く続けられるかどうかは、家庭事情や人間関係なども含め運の要素も強いですが、良い職場であれば長く勤めるようにしましょう。

転職する場合であれば、介護の経験年数を考慮した給料形態になっている会社をできる限り見つけられるようにしておくと、これまでの経験年数を生かすこともできます。

【介護福祉士の今後】給料相場は上がるの?

年収 給料 お金

介護職は慢性的な人材不足に陥っております。

人材不足解消のための政策として、処遇改善加算や介護報酬の引き上げなど、いわゆる賃金アップの政策が現状続いております。

関西圏の介護人材の不足率は以下のようになっております。

  • 滋 賀:▲3351人・不足率13.9%
  • 京 都:▲1万1113人・不足率20.7%
  • 大 阪:▲3万4495人・不足率16.6%
  • 兵 庫:▲2万522人・不足率18.8%
  • 奈 良:▲4852人・不足率15.6%
  • 和歌山:▲2349人・不足率10.2%

関東圏や東京都などと同じように、いずれの都道府県でも全体的に見て人材不足が課題となっております。

国の処遇改善の施策としては、2019年度に臨時・特別の介護報酬改定を行い「勤務継続10年以上の介護福祉士の賃金を、月額平均8万円程度アップする」ことが決まっております。

関西圏で見ても、全国的に見ても人材不足は今後の課題ですので、それに伴って介護職の処遇改善の施策も進んでいくと考えられます。

また、2019年度の施策のように、異業種からの転職組への待遇、賃上げだけではなく、勤続年数の長い方を融通する介護職員等特定処遇改善加算も注目されておりますので、今後の施策にも期待ができますね。

岸田総理が看護師・介護士の給与引き上げを明言

2021年9月29日に新総裁となった岸田文雄が、介護士の給与引き上げについて明言しました。

「2021年内に数十兆円規模の経済対策を策定する」ということも公言しており、看護師や介護士の料、所得の引き上げに期待が高まります。

介護福祉士が年収500万円以上を目指す難易度は?

夜勤専従の正社員で雇用されている場合は、夜勤手当や賞与を含めていくと、年収500万円以上を目指せる可能性もでてきますが、現実的には施設の管理者にキャリアアップするなどの必要があるでしょう。

最近は、副業や投資などにコツコツ取り組み、本業の介護業務以外で収入をつくるヘルパーも増えてきております。

しかし、体力仕事をした後に別の仕事をするとなれば、生活リズムや体調管理、時間の確保など色々な面に支障が出るため、今以上のケアやモチベーションの維持が重要となってきます。

現状は、介護士、ホームヘルパーで働く生活を続けながら年収500万円以上を目指すには、難易度が高いと言わざるを得ません。

介護福祉士の資格の取得方法

介護福祉士は、昭和63年5月に成立・公布された「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格です。

介護福祉士資格を取得するためには、まずは試験に合格しなければなりません。

介護福祉士試験は厚生労働省の外郭団体である財団法人社会福祉振興・試験センター管轄のもと、毎年1月に筆記試験、3月に実技試験が実施されます。

受験手数料は1万5,300円です。[注1]

介護福祉士試験を受けるには、下記3パターンのいずれかに該当している必要があります。

ご自身の状況、目的に合わせて見ていきましょう。

実務経験パターン

すでに介護職に従事している場合は、下記の2つの条件のうち、どちらかを満たすことで受験資格を取得できます。

  • 介護業務の実務経験が3年以上あり、介護福祉士実務者研修を修了している
  • 介護業務の実務経験が3年以上あり、介護職員基礎研修もしくは喀痰吸引等研修を修了している

厚生労働省:第32回介護福祉士国家試験の施行について

実務者研修などの介護資格をお持ちでない場合は、下記の記事も参考にどうぞ。

養成施設修学パターン

以前は養成施設を卒業することで介護福祉士の資格が取得できました。しかし「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、2016年以降は受験が必要となりました。

次のいずれかの条件を満たすことで受験資格を取得できます。

  • 高等学校卒業資格を持ち、介護福祉士養成施設(2年制以上)を卒業している
  • 高等学校卒業資格を持ち、福祉系大学・社会福祉養成施設・保育士養成施設のいずれかを卒業後、介護福祉士養成施設(1年制以上)を卒業している

福祉系高等学校修学パターン

福祉系高等学校を修学するパターンでは、次の3つのいずれかで受験資格が取得できます。

  • 2009年度以降に福祉系高等学校へ入学、新カリキュラムを履修したのち卒業している
  • 2008年度以前に福祉系高等学校へ入学、旧カリキュラムを履修したのち卒業している※1
  • 2009年度以降に特例高等学校へ入学、必須単位を取得して卒業後、介護業務を9ヵ月以上※2 経験している※1

※1 介護技術講習を受講していない場合は、国家試験の際に実技試験を実施

※2 勤務日数135日以上

職場選びと働き方の改善で給料アップを目指そう!

介護福祉士と一口に言っても、働き方や働く職場によって給料は変わってきます。

あなたの希望に合った働き方を見つけてくださいね。

スタッフ満足の紹介

私たち スタッフ満足 は、大阪、京都、兵庫、奈良で老人ホームを約50施設運営している株式会社スーパー・コートのグループ会社として、介護、看護に特化した人材派遣と人材紹介を行っております。

あなたのお仕事探しから就業中のお悩み相談までコーディネーターがサポートいたします。

転職や介護施設、病院のお仕事探しでお悩みがあれば私たちにご相談ください!

介護士
この記事を書いた人

当メディアサイト(スタッフ満足MAGAZINE)の運営・記事執筆を担当しております。求人掲載(無料)や、広告掲載などご相談ください!
キャリアコーディネーターとして大阪市北部のエリア担当もしておりますので、お仕事探しのご相談もよろしくお願いいたします!

新井 宏典をフォローする
新井 宏典をフォローする
スタッフ満足ブログ
タイトルとURLをコピーしました